ISO9001で会社を守る|セキュリティの高いアプリケーション

男性

アップロード監視

男の人

WEBアクセスの際は、監視や制限も大切です。また、アップロードの監視も入れておきましょう。そうすれば何か問題があった際には、困ることはありません。データのやりとりを見直して対応できるシステムを大切にしましょう。

Read More

ファイルアクセス

IT

会社のパソコンには大切なデータをファイルに保存していますよね。その際に、ファイルアクセスに関する監視システムを入れていることで、トラブルを回避することができます。

Read More

監視システムを選ぶなら

セキュリティ

サーバーを一日中監視するのは難しいといえます。また、一日監視するとなれば時間だけでなくコストも掛かってきますよね。そういった方は監視システムを導入すると良いでしょう。

Read More

WEBアクセス

会社

情報漏えいはいつどこから起こるかわからないものです。ISO9001を取得するためにも、十分にマニュアルを作成して情報漏えいを防ぐようにしましょう。中でもWEBアクセスはその確率が高いです。企業は特にWEBメールを利用するものですが、WEBメールサイトへのアクセスは漏えいを起こしやすいのです。監視システムを使ってそのアクセスを制限しておくことで、社内情報の漏えい防止に役立ちます。監視システムに関するマニュアルを作成して、円滑に管理が行なえるようにしておきましょう。インターネットと常に繋がっているサーバやオンラインストレージは意外なところからトラブルを抱えてしまいますから、事前にマニュアルを作成しておいて損はありません。ISO9001を取得することにも大きく繋がります。またその他、掲示板などへのアクセスなどを制限することでも、意図的にせよ、そうでないにせよ情報の流出を阻止することができます。誰もそんなことはしない、と思っていても、いつどういった時にトラブルが起こるかは予測できません。念には念を押しておくようにしましょう。ただ、SSLで暗号化されているWEBへのアクセスは、ブラウザなどが限定されることもありますから、普段使っているものが監視システムに対応しているかどうか、きちんと確認してマニュアルに記しておく必要があります。
不正に第三者からアクセスされたというのならばともかく、自分たちで漏らしてしまっては、マニュアルを作成している意味がありません。ISO9001の取得も遠ざかります。そういったことのないように、しっかりとマニュアルを構築していきましょう。監視システムの中には、EMAやWAFといったものがあります。EMAは携帯電話会社で提供されているフィルタリングサービスになります。また、WAFは自社で作った専用のWEBサイトを外部の不正攻撃から守ってくれる役割があります。以前までは、EMAやWAFの監視システムはコストが高いとされおり、一部の企業でしか利用できませんでした。ですが、最近ではコストも抑えることができ、導入作業も簡単に利用ができます。ISO9001の実現のためにも導入してみましょう。